ゴスロリファッションに似合うメイクをマスターしよう!

ゴスロリファッションのお洋服にナチュラルメイクではどこかちぐはぐな感じがするでしょう。ドレスアップの仕上げにはメイクやヘアメイクでロリータ気分を盛り上げましょう。ちなみに若年、個人的には10代半ばまでのお嬢様の場合はノーメイクやナチュラルメイクでも十分かわいらしいと思います。濃いメイクアップで飾るよりもネイルや髪型を工夫するなど他の楽しみ方も探ってみてください。

・お手本と参考の見つけ方
ロリータファッションを掲載している雑誌ではメイクアップの実例が詳細に紹介されています。手元にそういった資料がなくとも、好きなゴスロリファッションブランドのWebサイトのモデル写真を参考にメイクアップのヒントを得ることもできます。
街で素敵なファッションやメイクを見つけたらこっそりと、且つしっかりと観察しておきましょう。一歩家の外に出れば、あなたのコーディネートやメイクも他の誰かの参考になっているかもしれせん。

・ゴスロリメイクの作りたいイメージ別具体例
ゴスロリファッションに合わせたメイクに限らず言えることですが、肌の質感を整えることが美しく見せるための最重要ポイントです。ベースメイクを丁寧に行いビスクドールの様なマットで滑らかな頬を作りましょう。ナチュラル感からは離れますが、ドールっぽさが出るのがいやでなければ、コンシーラとファウンデーションはクリーム状のものを用い、パウダー(おしろい)をたっぷりはたくのがおすすめです。ハイライトとシェードをしっかり目に入れると外国人風のエキゾチックな顔立ちになります。ハイライトは鼻筋、目袋(目の下)、額、頬骨の上に、シェードは輪郭と鼻筋の左右に配置します。普段から美肌のための食生活やお手入れを心がけましょう。

ゴスロリの中でもメイクアップでロリータを演出したい場合には、ピンク、オレンジ系の頬紅と口紅で幼顔を作ります。リップグロスはおしゃべりに夢中になって落ちてしまってもすぐに直せるように常備しましょう。目元は繊維入りマスカラ、つけまつげ、まつ毛エクステなどから自分に合ったアイテムを利用して、ばさばさのまつ毛に。つけまつげやエクステであれば、ブラック以外のカラーや、ビーズやラインストーンなどで更に装飾することも可能です。

ゴスロリのゴシック色の部分を強く出したい場合は赤系が濃い目ピンクの口紅を選び、濃色のアイラインとアイシャドウでくっきりとした目元を作りましょう。お洋服に負けないようにまつ毛は迷わずばさばさにしましょう。ファッション用コンタクトレンズには黒目を大きく見せるもの、各種カラーの他、ネコ目やうずまき模様といった変わったものもありますのでメイクの仕上げにぜひ挑戦してみてください。